計算ミスの多い子は、途中の計算が雑な傾向にあります。
スピードも大事ですが、それ以前に正解することが大事。
そのためには、
見間違えない程度の読みやすい字を書き、
プラスやマイナスなどの符号をしっかり書き、
筆算であれば縦のラインを揃えること。
それが可能なノートを見つけました。

中身はこんな感じです。

途中の計算を書くだけなので、ウラ紙でもいいのですが
途中の計算を書き溜めていくのも「勉強したんだ!」っていう実感がわき、自信につながります。
是非ご活用してみてください。